Brompton スピードとケイデンスを1つのセンサーで簡単測定するとっておきの方法

BROMPTONで

スピードとケイデンスの両方を測定したい!

f:id:marorosoba:20170611155449j:plain

しばらく前に、ロードバイクからBROMPTONに乗り換えましたが

少し困ったことがありました。

 

私はブロンプトンを、とことん乗り尽くそうと考えています。

輪行で遠方に出掛けたり、日常の運動不足解消にも使います。

ジョギングをするよりサイクリングの方が、

自分には運動になっている気がします。

 

当然、サイクルコンピューターを付けました。

運動の目安として、スピードとケイデンス、

そして心拍数ぐらいは記録したかったからです。

 

そこで、手元にあったセンサーを取り付けることに。

CATEYE製でスピードとケイデンス両方測定可能なBluetoothタイプのもの。

ISC-12という機種です。

取り付け位置を決めようと、後輪側のフレームにセンサーを持っていくと・・・。

センサーのサイズが合いませんでした。

ケイデンスかスピードの、どちらか片方しか測定出来ないのです。

キャットアイ(CAT EYE) ISC-12 [Bluetooth SMART] スピード&ケイデンスセンサー

一般的なサイズの自転車なら容易に設置出来るタイプです。

ブロンプトンが特殊な形状なので設置出来ません。

仕方なく、スピード測定ができる位置でセンサーを設置しました。

心拍数は腕時計タイプを使い、

データーはBluetoothでスマホに送って楽しむことに。

 

しかし、せっかくなので、

ケイデンスも測定したい。

かと言って、スピードとケイデンスそれぞれにセンサー設置はもったいない。

今のセンサーで何とかしたい。

 

そして、ふと思いつきました。

 

ケイデンスを測定しようとすると、

スピード側のセンサーがタイヤにやっと届く程度。

 

ならば、タイヤにマグネットを付けてしまおう!

 

 

手元にあった百均のネオジム磁石を、

弾力性のあるボンドでタイヤに接着しました。

f:id:marorosoba:20170611155958j:plain

予想以上にボンドが強力で、しっかりタイヤにくっつきました。

クランクの内側にもネオジム磁石を取り付け、

スピードとケイデンスがバッチリ測定できるようになりました。

あれだけ悩んでいたのに、ほんとに呆気なく解決です。

作業時間は、約5分。

f:id:marorosoba:20170611160030j:plain

タイヤに磁石を取り付けてから、かれこれ300kmは走っりましたが、

快調です。

f:id:marorosoba:20170611160105j:plain

 

ミニベロ等、タイヤに直接センサー用の磁石をくっつける方法、

誰かの参考になれば幸いです。