値段、栄養、味の三拍子が高得点 このチキンソテーが旨い理由!

鶏の胸肉アレンジ

基本的に肉調理は何でも好きです。

牛、豚、鶏とありますが、人気では牛が一番ではないでしょうか。

ウチもそうです。

しかし、牛は高い。

値段と健康面を考えると、私的には鶏胸肉がいい。

でも、あのパサパサ感を何とかしたい。

それさえ克服すれば、超おすすめ食材です。

f:id:marorosoba:20170902150827j:plain

今回は、「チキンソテー」

 

 

費用 約350円

材 料

①、鶏胸肉 1パック(2枚) 約300円

A、カレーパウダー 適量

B、チューブにんにく 約3cm

C、塩コショウ 適量

D、小麦粉 大さじ3

E、溶けるチーズ 適量

F、サラダ油 大さじ2

 

 

調理開始

今回のメインの食材。

f:id:marorosoba:20170902150831j:plain

スーパーの特売日で、グラム44円です。

一品作るようになってしだいに生活感がでてきてました。

最近は、グラム単価が気になります。

私のは男料理!?なので、この肉さえあれば、あとは家にあるもので何とかします。

 

1、鶏胸肉のパサパサ感は、あまり好みではありません。

やはり少しはジューシーさが欲しい。

まずはブライニングです。

   水 1000cc

   塩 30g

の割合の塩水に漬け込んで、2時間は冷蔵庫に放置です。

漬け込む前に、フォークで肉を突き刺して無数に穴を開けておきます。

f:id:marorosoba:20170902150834j:plain

皮は、好みで取り除いてもいいですね。

しかし皮はうまく焼けば、カリッとして香ばしくて美味しいですよ。

 

2、ブライニングが終われば水切りをして、キッチンペーバーで軽く水分を拭き取ります。

フライパンで焼くのに、このままのサイズでもいいのですが、火の通りをよくして、早く完成させたて食べたい。

よって、小さく切ります。

f:id:marorosoba:20170902150838j:plain

肉屋のまね。

今回焼いたのは2枚です。

 

カットは、縦の深い筋肉の線に沿って二等分し、更に横からスライスして半分の厚さにしました。

鶏胸2枚が8枚になります。

ササミをイメージしましたが、実際はそれよりもかなり大きいです。

塩コショウをします。

 

3、ボールにチューブにんにく約3センチカレーパウダーを適量と、鶏肉を入れてよく混ぜて馴染ませます。

時間があれば冷蔵庫で1時間でも入れておけばいいですが、私は10分だけでした。

f:id:marorosoba:20170902150843j:plain

※右下のS&Bの缶のものは、以前カレー粉と思って買い間違えたのですが、小さな半生の粒状のルーが意外と重宝。

 

4、鶏肉小麦粉をまぶし、熱したフライパンにサラダ油大さじ2で焼きます。

皮が付いているなら、皮の面から中火から弱でカリッと焼きます。

肉が比較的薄いので、火の通りはいいです。

f:id:marorosoba:20170902150818j:plain

 

しばらく焼いていると、皮からも油がでて油ハネが強くなってきます。

私は後の掃除が面倒なので、お気にりの小道具を使います!

f:id:marorosoba:20170902150822j:plain

これ、直径29cmサイズのステンレスメッシュの油ハネ防止網?です。

はっきり言って、ばちばち油が飛んでも何ともありません、余裕です。

水分はメッシュなので通過していきます。

かなり、おすすめ。

 

 

こんがり焼ければ、お皿に盛り付け好みでチーズを乗せて完成です。

f:id:marorosoba:20170902150827j:plain

チーズですが、ピザパン用の溶けるチーズを乗せましたが、調理後のためうまく溶けませんでした。

なので、アウトドア用?料理用?のガスバーナーで、チーズとマヨネーズを乗せた部分を炙りました。

凄いです。

 

いい匂いが辺りに立ち込め、一気に食欲をそそります。

しかし、火災注意ですね。

 

 

ポイント

  • やはりブライニングです。この一手間をかけることで、鶏胸肉のアレンジと美味しさが格段にあがる絶対条件です。
  • 肉の厚さを半分にしたので、火の通りが良く、早く焼けます。鶏肉はそのままだとかなり分厚く焼くのに時間がかかります。切ったら血が滲んでた、は避けたいです。
  • にんにくは私の好みで入れました。ナマの物を自分で細かく切れば良いのですが、にんにくチューブがとても便利ですね。

 

 

おわりに

さっそく食べてみました。

ブライニング大成功です。

もし塩水につけてなかったら、肉の柔らかさやジューシーさは有りえません。

この一手間は必須。

後の味付けは適当に何とでもなりますが、ブライニングは抜かせません。

チーズを溶かすのに、カセットガスのトーチを使いましたが、これは便利ですね。

肉やチーズの少し焦げ目を入れたいところが自由自在。

見た目もかなりいい感じ。

 

1パックの鶏ムネでかなり沢山できます。

豪快に作って後は冷凍でお弁当にもいいですね。

カレーに程よいガーリックは子供にも好評でした。

 

 

 

www.marorosoba.co