食べ物を変えて自分の治癒力を高める 効果はいかに

何を食べるか

ジャンクフードのような料理をアップしている私がいうもの何ですが、

何を食べて、何を飲むかは、健康な日々を過ごす上で大切ですよね。

あたりまえのことなのですが。

 

体に悪いものほど美味しい、と開き直って、器いっぱいのマヨネースが真っ赤になるほど唐辛子を混ぜ、それをスルメにつけて食べる。

酒のアテにはかなり美味しい。

大好き。

 

そんなものは序の口として、本能にまかせて自然と飲み食いしている間に、意外と身体は傷ついてる。

健康オタクで、100歳まで生きようとは考えていませんが、できれば、寝たきりの生活は避けたいです。

 

芸能人でもそうですが、若い時、格好良くて頑強であった人が、久しぶりに見て、思わず三度見してしてう。

こういうことは、よくあります。

他人事ではなく、話題にあがらないだけで、みんな同じ。

 

健康体であったのに、例えば高血圧、ガン、糖尿病・・・。

こんな事を考えていると全然楽しくないのでほとんど考えないのですが。

 

 

習慣を少し変える、予防医学?

高血圧の人は、周りに沢山います。

太っている人が多いですが、痩せていてもあまり関係ないようですね。

私は、薬は飲むまではいかずとも、けっこう高いです。

 

そろそろ自分も薬かも、です。

 

そんな時の悪あがきですが、

f:id:marorosoba:20170914135057j:plain

これ、始めてみました。

「納豆酢」

 

スーパーで3パック100円弱の納豆に、大さじ1の酢を混ぜて食べます。

毎日欠かさずが理想らしく、夜の方が効果は高いらしいです。

 

噂ではなかりの効果があり、お酢は骨粗鬆症の防止にも有効大とか。

食べたカルシウムの多くは尿から出ていってしまうらしいですが、お酢はそれを防ぎます。

食べたカルシウムを骨に定着させる。

それに毎食時、大さじ1のお酢を摂ることで、痩せやすい体質になる効果は有名。

 

血圧低下効果が期待できる、納豆のナットウキナーゼとお酢のコンビに期待して食べ続けてみたいと思います。

 

お酢の強い酸で、納豆菌が死なないか心配で調べたところ、納豆菌の強さはウルトラ級らしいです。

お酢では死なないようです!

 

これまで納豆にお酢を混ぜたことは無かったですが、実際にしてみると、粘りが少し弱くなり、混ぜても泡が出にくくなりました。

また、匂いも少なくなった感じで、お酢の酸っぱい匂いの方が強いです。

納豆に匂いが苦手の人も試す価値はありますよ。

 

納豆酢、薬で血圧を抑えている人でも、これで薬が不要になれば最高ですね。

 

 

 

おわりに

日本の平均年齢の高さは、素晴らしいですね。

しかしそれは、最後までピンピンしている年齢ではありません。

ラストの10年はベッドの上で、何とか生きてます的な感じが現実の社会ではないでしょうか。

そしてこれからは更に、ベッドと薬。

健康年齢を考えると、ヨーロッパの方が上かもしれません。

治療医学は大切ですが、予防はもっと力を入れるべきですね。