ダッチオーブンで「鶏胸肉のとろとろ玉ねぎ煮」の柔らかジューシーに乾杯だ

 

 

鶏胸肉が旨い!

鶏といえば胸肉メインの私ですが、今回のレシピも美味しかったです。

 

アウトドアを連想するダッチオーブンを自宅で使い、見た目よりも味で勝負。

脂の多いもも肉ではなく、ヘルシー、安い、栄養大の胸肉を使います。

 

ネックになるパサパサ感は、今回も裏技で克服です。

とろとろ玉ねぎのナチュラルな甘さがしみ込み、何とも言えない美味しさ

f:id:marorosoba:20170916141228j:plain

 旨いです、「鶏胸肉のとろとろ玉ねぎ煮」

 

 

 

費用  約650 円

材 料

①鶏胸肉 1パック(2枚) 約450円

②玉ねぎ(中) 3個 110円

③ニンニク 3片 80円

A 、マヨネーズ 大さじ3

B 、醤油 大さじ3

C 、料理酒 大さじ3

D 、みりん 大さじ2

E 、さらだ油 大さじ2

F、塩コショウ 少々

 

 

 

調理開始

今回の食材です。

f:id:marorosoba:20170916141233j:plain

メインは鶏胸肉と玉ねぎ。

ニンニクはお好みでどうぞ。

私は入れています、3片をみじん切りです。

 

1、鶏胸肉は、筋肉のスジに沿って縦に2等分し、それぞれを半分の厚さにスライスします。

食べ易さを考えてのカットですが、まるままでもOK。

f:id:marorosoba:20170916141237j:plain

 

2、カットしたお肉に塩コショウ、更にマヨネーズ大さじ3を混ぜ約15分間馴染ませます。

マヨネーズが今回のジューシーさの秘訣です。

 

3、玉ねぎ3個を薄くスライスし、サラダ油大さじ2で、少しあめ色になるまで中火で炒めます。

強火だと焦げ付くので注意です。

f:id:marorosoba:20170916141203j:plain

 

4、炒めた玉ねぎの上に、マヨネーズを馴染ませた鶏胸肉を並べて弱火でじっくり加熱します。

f:id:marorosoba:20170916141208j:plain

 

5、約15分後、気になってフタを開けて見てみました・・・。

ヤバいかも、なんとなく、出来上がりが一気に心配になってきました。

玉ねぎと鶏胸肉から大量の水分が出ていて驚きました。

ここで調味料、

  醤油 大さじ3

  料理酒 大さじ3

  みりん 大さじ2

を入れ、お肉をひっくり返して5分煮込みます。

f:id:marorosoba:20170916141213j:plain

 

6、水分が多かったので、強火で、お肉が崩れないよう注意しながらかき混ぜ、同時に味見をして、必要なら味の微調整をします。

f:id:marorosoba:20170916141219j:plain

いつの間にか、大量の玉ねぎが溶けてとろとろです。

甘い匂いが食欲を誘います。

 

 

強火でスープが蒸発し、とろみが出れば完成です。

f:id:marorosoba:20170916141223j:plain

 

 

ポイント

  • いつもは鶏胸肉を塩水に漬けて柔らかくしていますが、マヨネーズでも柔らかジューシーに仕上がります。
  • マヨネーズには、最低10分は漬け込んで下さい。マヨネーズ成分のお酢が染み込み、油でお肉をコーティングします。
  • 最初は玉ねぎのカサが多いですが、フライパンとフタでも調理できます。

 

 

 

おわりに

玉ねぎがとろとろに溶けた甘いスープが、お肉とからんでとても美味しい。

煮込みにお水は入れません。

 

弱火が原則ですが、時間がかかるぶん素材の味が楽しめます。

本来は、鶏もも肉を使ってのレシピです。

しかし、挑戦で、鶏胸肉にマヨネーズの組み合わせて調理してみましたが、うまくいきました!

 

アウトドアでも、ぜひ作ってみたいレシピです。

 

お試しあれ。

 

 

 

余談ですが、ガンの予防効果がある一番の野菜を知っていますが?

にんじんジューズだと思っていましたが、ニンニクらしいです。

ニンニク好きの私には嬉しいのですが、本当なのでしょうか?