手打ち蕎麦を打つ 折りたためてブレない「のし台」が欲しい イレクターでDIY

 

のし台が欲しい

手打ち蕎麦を打つようになると、いろいろと自分専用の道具が欲しくなります。

めん棒や包丁は特にそう思います。

2つとも自分が気に入ったものだと愛着がわきますし、良いものはずっと先まで使うことができます。

 

 

そして蕎麦を打つの無くてはならないのがのし板ですが、これはホームセンターに行けば厚さ2センチまでのシナベニヤというタイプの合板で十分です。

大きさにもよりますが、90cm四方で3千円位で買えます。

 

買ってきたのし板を乗せる台、つまりのし台ですが、これは丈夫なテーブルに乗せて奥側を壁などに押し付けて固定できれば何とかなります。

 

しかし気合をいれて蕎麦を打つと、どうしても台がガタガタと揺れて気になるものです。

特に、水回しの工程から練りに移った時は、そば粉の量に関わらずかなり力仕事にたるため、台がしっかりしてないと大きな揺れになるものです。

 

何回かするとストレスも大きくなり、必然的に丈夫なのし台が欲しくなってきます。

 

今回は、丈夫なのし台、それも安くて折りたたみが可能な、とても便利な台についての記事です。

手打ち蕎麦を自宅で打っている方の参考になるのではないでしょうか。

 

 

しっかりした丈夫なのし台が欲しくなりネットで探してみました。

検索して出て来る台は、だいたい下の写真のような台ではないでしょうか。

f:id:marorosoba:20170928110338j:plain

いろいろとりっぱなものが売ってますが、値段も高いし物もデカくて重たい、とても素人の趣味レベルではないですね。

家に置けないです。

 

もっとコンパクトな、できれは折りたためて、しかも丈夫で安くて軽いのが欲しい。

そう思って探すのですが、なかなか条件にあう台はありません。

 

 

無いなら作る

結論的に、気に入ったのし台は見つかりませんでした。

あっても、値段が4万円以上とか、予算オーバーです。

 

そんな時、蕎麦仲間が理想的なのし台を自作していました。

ホームセンターに売っているパイプをつなぎ合わせた画期的なのし台です。

f:id:marorosoba:20170925162254j:plain

れこはイレクターというパイプをカットして黒色のジョイントに差し込みボンドで固定したものです。

 

一見頼りない感じですが、パイプの表面はプラスチックのコーティングで、その内側は金属製。

なので強度はバッチリです。

f:id:marorosoba:20170925162243j:plain

大きなホームセンターではたいてい取り扱っています。

イレクターの売り場に行けば、色々な形のジョイントがあり、切ったパイプをつなぐだけで完成です。

パイプは専用の工具で、いとも簡単にカットできます。

 

www.diy-life.net

 

こののし台なら、材料費もとても安く、1万円もあればお釣りがあります。

上の乗せるのし板は、好みの大きさのシナベニアの合板です。

 

のし板も、パーツとして売っている脱着可能なイレクターのジョイントでガッチリと固定できます。

f:id:marorosoba:20170929124624j:plain

(他ののし台、のし板固定は同じく脱着式)

f:id:marorosoba:20170929125257j:plain

 

蕎麦を打たない時は、台と板を外し、台の部分は畳んで収納できるのでとても便利です。

 

実際に使った感想は、2Kg弱の粉を使って蕎麦を打ってもびくともしません。

凄いです。

見た目は少し安っぽいですが、機能性は最高です。

こんなのが欲しかった。

 

f:id:marorosoba:20170929130531j:plain

 

 

おわりに

イレクターでDIYしたのし台は、強度といい収納性といいとても優れていておすすめです。

イレクターを使って作った既製品もありますが、オーダーメイド可能とかいって意外と値段が高いです。

簡単なので、自作をおすすめします。

自分の身長にあった台の高さや、収納状況に応じたアレンジのし台ができますよ。

台の高さは少し低めがいいと思います。

蕎麦をこねる時や、めん棒でのす時は真下にプレスするように力をかけることが多いからです。

台の高さが高ければ、乗っかる踏み台があれば問題ない話ですが^^;